朝鮮学校が補助金交付を要望 / 下関市

下関市が、市内にある朝鮮学校への補助金の交付を今年度、見送ったことを受け、18日学校長や保護者が市役所を訪れ、交付の再開を要望しました。
下関市は、市内にある山口朝鮮初中級学校に対して平成5年度から補助金を交付していましたが、国が去年、朝鮮学校を授業料無償化の対象にしないと決めたことなどを理由に今年度の交付を見送りました。
これを受け、山口朝鮮初中級学校のオ・ヨンチョル校長や保護者など7人が18日市役所を訪れ、市と教育委員会の担当者に補助金の交付を求める要望書を手渡しました。
要望の場に同席した保護者は、「子どもたちの夢を育てる教育の現場で差別が行われているのは残念です」などと、思いを伝えました。これに対し、市と教育委員会の担当者は、補助金を交付するかどうかの対応について「検討する」と回答するにとどめました。
下関市では、来年度の当初予算案に朝鮮学校への補助金を盛り込んでいて、今月28日から始まる定例市議会で審議される見通しです。オ校長は、「補助金の交付を受けるということは、日本や下関に住む朝鮮人の権利なので、認めてほしい」と話していました。

---------------------------------
02月18日 20時51分 NHK 山口(動画あり)
http://www.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/4065299081.html?t=1392764115050


NHKラジオ山口でこのニュースを聴く。

下関の朝鮮学校には大人が親が責任者として子供たちを守ろうとする姿勢を感じた。

(とある件で自分は校長と教師に会ったことがある。民団の人も同席してだ。)

ほとんど情報は流れていないが山口県庁では座り込みも行われている。

県議会でも取り上げられている。

自分も下関市役所に要望の電話を入れてみよう。


d0113003_8352767.jpg

[PR]
by antiagainstanti | 2014-02-19 08:37 | ANTI TWEET BOOK


<< TLC - Silly Ho おいらはいつでも愛国者 >>