JAPAN :甲状腺がん「チェルノブイリの多発傾向と酷似」〜疫学専門家

福島県内の子どもの甲状腺がんが多発している問題で8日、岡山大学の津田敏秀教授が外­国人特派員協会で記者会見を開き、多発の原因が「被ばくによる過剰発生」であるとした­論文の概要を説明した。津田教授は現在の状況について、「チェルノブイリにおいて、4­年以内に観察された甲状腺がんと同じような状況にある」などと述べ、今後さらに大規模­な多発が起きる可能性があると警告した。




ドイツZDF「フクシマでの甲状腺がん症例増加」


[PR]
by antiagainstanti | 2015-10-31 20:44 | ANTI TWEET BOOK


<< 魂は売るもの買うもの捨てるもの 行方不明の彼女をネットで見つけた >>