<   2013年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

予告

なんだかいきなり忙しくなってしまう。

毎日毎日なにかと面倒くさくなる。

各関係機関及び団体・個人、街ぐるみの取り組みにすべく面談重ねる。

LOCAL

この街は守ります。

もったいぶった報告でごめんなさい。

では。


Tom Robinson Band
Power in the Darkness (1978)
http://www.youtube.com/watch?v=VFIFRX4II5Q
[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-30 21:41 | DEAD DIARY

釣り場にゴミを捨てるなよタココラ

遅くなりましたが日曜日のことです。

久しぶりのフィッシング。
この日は天気もよく暖かで、いつもは閑散としているマイポイントにも何人かの釣り人がいました。

私が釣りの準備をしていると、背中にPUMAを背負った釣りヤンキー2人組が空き缶を置いたまま帰って行くのを見つけてしまいました。

私は空き缶2つを手に「すみませ~ん忘れ物ですよ~」と声をかけました。

釣りヤンキー2人組は振り返り「・・・・・・あ、んん」と照れくさそうに空き缶を受け取り去って行きました。
背中のアメリカ・ライオンがなんだか淋しそうでした。

一般の方々の対処としてはこれが一番だと思います。
これだと声をかけやすいし揉め事にもなりません。
「なんだよてめえ」とか来る人間はこれまでいませんでした。
1人の場合もしそうなったら、ゴミは諦めむやみに問答せずサッと立ち去りましょう。
問答で追い詰めると向こうも反抗してきますからね。
味方がいないと注意も難しいでしょう。
残念ですが。

私はこれまで海へのゴミ投げ捨て現場にも複数回立ち会ってきました。

例えばこうです。

自転車に乗ったオッサンがやって来て「お兄さん、ここでなんが釣れるかね?」と語りかけながら当たり前のように海へ煙草ポ~~~ン・・・・・・

見苦しいので省略しますが、隙をつかない限り人間はなかなか海へは落ちないなと学習したものです(自分も一緒に落ちそうになる)。

しかし、すったもんだするよりなにか一発でスコーンと覚醒するようなやり方はないかなと日々考えてはいます。
なにしろ直面の連続で面倒くさいのです。

話しを戻します。

釣りヤンキー2人組にがっくりきて釣りを中止し1人温泉へ行きました。
温浴効果で気持ちも和らぎよしやるかとマイポイントへ戻ってみると・・・・・・

ガガーーーーーーン!!!!!!

d0113003_0143239.jpg


これやらせじゃないですよ。

ほんと狭いポイントなんですけど1日でこれだけのゴミを置いたまま帰ってる。
休日のレジャーかなんかしらんけど。

しかも腹立つことに、それぞれがちゃ~~~んと立ち位置にそのまま置いていくんですよねゴミを。
ボケナスどもが(画像は私が収集した状態)。

もちろん煙草の吸殻もそのまま。

海底にルアーをロストしたら、海へゴミを投げ捨てたことと同じなんで、そんな時は自分勝手なマイルールとして釣り場のゴミを拾って帰ってますけど、この日は見てられない有様だったのでクーラーボックスに詰め込んで帰りました。

まあ、どうしたらいいのか、今後もじっくり考えていきます。

なるべく暴力ナシで・・・・・・
[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-29 00:43 | FISHING ANTI NATURE

返信

PANIC
UFO(K-POP 1996)


ある晩おかしな音に窓を開けて空を見ると
たくさんの月が空に覆いかぶさっていた

いつの間にかそばに近づいてきたお婆さんが
僕の手を掴み
囁くように僕に言った

彼らが帰って来たと

なぜ
みんな死んでしまえば消えるのだろうか
僕はそれにひどく腹が立っていた
人知れず誰かをひどく憎んでいた

なぜ
ずっと苦しんで生きてきた人たちは
何もかも失った果てで 
どこかへ引っ張られるように去って行くのだろうか

太った豚どもと嘘の遊びの下
ただ膝まずかないといけなかった
 
血を流しながら去り
忘れられて行った

全てはまた戻り
今この空を裂く

踏みつけ立っていた彼らを逆さにしてしまい
初めて恐怖に怯えた涙を流させて
酔った両目で互い互いの首に果てしない縄をくくってやった

みんなが喜びはしないだろうけど
彼自身がその理由を一番よく知っているだろうけど

さあ立ち上がれ
最後の月明りへと跳んで行こう

飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
世界の全てを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く僕らと一緒に飛ばせ
あの空の彼方へ

太った豚どもと嘘の遊びの下
ただ膝まずかないといけなかった
 
血を流しながら去り
忘れられて行った

全てはまた戻り
今この空を裂く

踏みつけ立っていた彼らを逆さにしてしまい
初めて恐怖に怯えた涙を流させて
酔った両目で互い互いの首に果てしない縄をくくってやった

みんなが喜びはしないだろうけど
彼自身がその理由を一番よく知っているだろうけど

さあ立ち上がれ
最後の月明りへ跳んで行こう

飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
世界の全てを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く

僕らと一緒に
飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
みんなを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く
僕らと一緒に飛ばせ




[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-27 22:58 | DEAD DIARY

特定秘密保護法案

衆院で可決しました。まだ参院が残ってます。ここのところずっとインターネッティンで調べもの。眼と脳を酷使に電話かましぐらいじゃ身体持て余し。首都に駆けつけるマネーもなし。イライラムシャクシャするばかり。公明党には今からでも遅くない造反しろって言っときました。

* * *

 安倍政権が目指すのは憲法9条を中心とした改憲だが、発議要件を緩和する96条の先行改正が世論の支持を得られず戦略を転換したのだろう。秘密保護法は集団的自衛権の行使を憲法改正をせずに実質的に容認する解釈改憲に続く動きだ。ある程度の反対は想定済みで、実質的改憲を断行したい思惑が見て取れる。かつてナチスドイツは当時世界で最も民主的とされたワイマール憲法を授権法という法律で骨抜きにし、改憲せずに独裁政治を行ったが、安倍政権の進め方はそれを連想させる。非常時には国民の声を封じ込め、米国に頼るしかない難破覚悟の航路にも見え、民主主義の危機を感じる。

[言論を封殺/結論急ぐな 秘密保護法案、県内識者に聞く]
岐阜新聞web

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20131126/201311260948_21435.shtml
[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-27 00:58 | DEAD DIARY

11.23 下関 リトル釜山フェスタ ②

d0113003_149065.jpg

何世かな?子供たちが大きな声でお手伝い。

d0113003_15059.jpg

ハングルと日本語のハーモニー。出店でスンドゥブチゲはめずらしいのでは?ナイス。わりかし最近できた「テジョン」の出店だったと思う。

d0113003_1505832.jpg

あの顔この顔この町に。

d0113003_1512090.jpg

音楽に合わせ踊りだすお姉さんたち。在日お姉さん会だったか?あの出店を見かけなかったがどうしたのだろうか?気圧されるほどのただならぬエネルギーに満ち溢れたあの出店が大好きだった。下関のマグマともいえるあのエネルギーの輪の中に入って行ける日本人はそういないと思う。是非とも触れてほしいポイント。

d0113003_1514798.jpg

韓国からやって来た。今年も出たかどうかは未確認だが、確か日本チャンピオンも輩出している下関かどこかのテコンドー道場が毎年参加していた。アクロバット的な演武以外で護身術を教えるコーナーがあって、そこだけいきなりガチになるのが大好きだったな。毎年ステージの最前列には一世のお婆ちゃんたちが座っていて、今年も座っているのを確認。毎年楽しみにしている伝統芸能ものや朝鮮学校の出しもの、見れなくて残念。

d0113003_1522261.jpg

このハードコア感!

d0113003_1524494.jpg

みんな大好き韓国料理屋「シオン」周辺のお婆ちゃんたち。下関では唯一かも知れない「韓国的定食」を出すお店。しかも安い!これも下関ではめずらしい韓国海苔巻き「キンパ」(シオンの表記はこれ)を販売。具も日本と違って(肉そぼろが入っている)酢メシじゃないのです。

d0113003_153623.jpg

わりかし最近できた「チャングムのお店」で「パンケーキ」を追加。「ホットク」じゃなくて「パンケーキ」としているとこに惹かれて。

下関はほとんどオールドカマーで構成されていて、飲食店もほぼオールドカマーのお店です。なので出てくる料理も歴史の中で「在日の料理」になっています。

韓国からニューカマーが移住して来ても下関では商売にならないからだと思います。

もしくは在日が本場なスタイルを輸入して商売を始めても下関ではそう流行らないのです。韓国の飲食は専門店スタイルです。最近「サムギョプサル専門」のお店ができたので楽しみにしていますが。

というわけでみんなが想像するような"本場の韓国料理"的なものを下関でなかなか食べることができないのはそれゆえです。

二世から後は日本で生まれ育った人たちです。食から見ても在日は在日として独自の文化を築いているのです。

そして日本人の家庭にもホルモンやキムチなどは日常食として溶け込んでいます。

高山商店にある「肉(内臓)のキムチ」(名前忘れた)、あれはめずらしいと思うのだけど・・・めちゃくちゃ美味くてやみつきになります、あれは。

他、私がお薦めするのは焼肉のやすもりにある「シレギク」という干した大根の葉かなんかの汁もの、焼肉の田中屋にある「どじょう汁」(無い時もあります、要確認)です。

あとはやっぱり定食式で料理が出てくるお店「シオン」ですね(韓国では例えばスンドゥブチゲを頼めば自動的に沢山のおかず類とご飯が出てくる)。

最後の画像が食べ物だったので食の話しで閉めました。

来年のリトル釜山フェスタを楽しみに。


【下関 リトル釜山フェスタ 2014】

KOREAN DIVA from 釜山
d0113003_1861488.jpg



PANIC
UFO(K-POP 1996)


ある晩おかしな音に窓を開けて空を見ると
たくさんの月が空に覆いかぶさっていた

いつの間にかそばに近づいてきたお婆さんが
僕の手を掴み
囁くように僕に言った

彼らが帰って来たと

なぜ
みんな死んでしまえば消えるのだろうか
僕はそれにひどく腹が立っていた
人知れず誰かをひどく憎んでいた

なぜ
ずっと苦しんで生きてきた人たちは
何もかも失った果てで 
どこかへ引っ張られるように去って行くのだろうか

太った豚どもと嘘の遊びの下
ただ膝まずかないといけなかった
 
血を流しながら去り
忘れられて行った

全てはまた戻り
今この空を裂く

踏みつけ立っていた彼らを逆さにしてしまい
初めて恐怖に怯えた涙を流させて
酔った両目で互い互いの首に果てしない縄をくくってやった

みんなが喜びはしないだろうけど
彼自身がその理由を一番よく知っているだろうけど

さあ立ち上がれ
最後の月明りへと跳んで行こう

飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
世界の全てを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く僕らと一緒に飛ばせ
あの空の彼方へ

太った豚どもと嘘の遊びの下
ただ膝まずかないといけなかった
 
血を流しながら去り
忘れられて行った

全てはまた戻り
今この空を裂く

踏みつけ立っていた彼らを逆さにしてしまい
初めて恐怖に怯えた涙を流させて
酔った両目で互い互いの首に果てしない縄をくくってやった

みんなが喜びはしないだろうけど
彼自身がその理由を一番よく知っているだろうけど

さあ立ち上がれ
最後の月明りへ跳んで行こう

飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
世界の全てを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く

僕らと一緒に
飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
みんなを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く
僕らと一緒に飛ばせ




[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-24 04:26 | ANTI TWEET BOOK

11.23 下関 リトル釜山フェスタ ①

この町で、"違う人たち"と共に暮らしていた。

"違う人たちがいること"

"違う人たちの存在"を実感しながら育った。

子供の頃、人間がみな同じではないことを知った。

なにが違うのか?

"違う"ことを理解しようとした。

違いながらなんとか共存して行くことを学んだ。

下関という町で育って一番良かったこと。

子供の頃の私がもっとも強く影響されたのは、その"違う人たちの存在"だった。

町のど真ん中が在日エリア、そんな下関で育ち、本当の勉強ができた。

朝鮮学校の生徒と喧嘩した時のことを想い出しながら通りを歩いた。

たった一人で現れたあいつ。

たった一人、猛然と立ち向かって来たあいつ。

私は今でも彼のことが忘れられない。

下関で、こんなお祭りが長く続けられていることを心から嬉しく思う。

いつまでも平和であってほしい。


d0113003_23315081.jpg

残念ながら今日は仕事だった。せめて1時間だけでもと決め、グリーンモールへ向かう。

d0113003_23321963.jpg

一世のお婆ちゃんとおばちゃんたち。

d0113003_23324637.jpg

初冬のキムチ。

d0113003_2334387.jpg

チマチョゴリ・コンテスト。着ているのはほとんど日本人だと思う。昔では考えられないことが今ここに。

d0113003_23375315.jpg

賑わっている。

d0113003_23333630.jpg

安倍夫人。騒がれることもなく普通に居た。気づいた人が写真をお願いしていた。彼女は日韓友好に関しても活発に発言している。


②へ続く・・・
[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-24 01:32 | ANTI TWEET BOOK

忘れてました

明日の下関 リトル釜山フェスタ!

韓国から

パク・ジョンミちゃん!
チェ・ジョンヨンさん!
テコンドー・ギャルズ!

が来日!

在日コリアンとニポンジンと韓国人が一堂に会します!


いずれWE DANCEとムキムキマンマンスを下関に招聘できたらいいな。


ムキムキマンマンス - アドロメダ




WE DANCE - LIVE





PANIC
UFO(1996)


ある晩おかしな音に窓を開けて空を見ると
たくさんの月が空に覆いかぶさっていた

いつの間にかそばに近づいてきたお婆さんが
僕の手を掴み
囁くように僕に言った

彼らが帰って来たと

なぜ
みんな死んでしまえば消えるのだろうか
僕はそれにひどく腹が立っていた
人知れず誰かをひどく憎んでいた

なぜ
ずっと苦しんで生きてきた人たちは
何もかも失った果てで 
どこかへ引っ張られるように去って行くのだろうか

太った豚どもと嘘の遊びの下
ただ膝まずかないといけなかった
 
血を流しながら去り
忘れられて行った

全てはまた戻り
今この空を裂く

踏みつけ立っていた彼らを逆さにしてしまい
初めて恐怖に怯えた涙を流させて
酔った両目で互い互いの首に果てしない縄をくくってやった

みんなが喜びはしないだろうけど
彼自身がその理由を一番よく知っているだろうけど

さあ立ち上がれ
最後の月明りへと跳んで行こう

飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
世界の全てを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く僕らと一緒に飛ばせ
あの空の彼方へ

太った豚どもと嘘の遊びの下
ただ膝まずかないといけなかった
 
血を流しながら去り
忘れられて行った

全てはまた戻り
今この空を裂く

踏みつけ立っていた彼らを逆さにしてしまい
初めて恐怖に怯えた涙を流させて
酔った両目で互い互いの首に果てしない縄をくくってやった

みんなが喜びはしないだろうけど
彼自身がその理由を一番よく知っているだろうけど

さあ立ち上がれ
最後の月明りへ跳んで行こう

飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
世界の全てを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く

僕らと一緒に
飛んで来い
頭の上に

飛んで来い
黒い空を明るく照らし上げ 
みんなを連れて行く光を注ぐ

今こそあの続いていた憎しみ
憤怒
すべて高く
僕らと一緒に飛ばせ



[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-22 20:53 | DEAD DIARY

下関 リトル釜山フェスタ 2013

11月23日(土曜・祝日)
10時~16時30分
下関市竹崎グリーンモール商店街

JR下関駅から徒歩2分


チマチョゴリ写真コンテスト(有料:1,200円)
※チョゴリ試着、写真進呈、フォトフレーム、コンテストエントリー

コリアンフード屋台&雑貨
※今年は約40店舗

トック(餅)まき!

本場キムチの漬け方
*実演、試食、販売 100円!

ステージ演奏

日本国際テコンドー協会、テコンドー下関道場等


■平成26年1月18日(土曜)まで韓国ランタンフェスタ(17:00~22:00)

■お問合せ:グリーンモール商店街振興組合事務局  Tel.083-224-5523

d0113003_7461351.jpg

[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-22 07:50 | DEAD DIARY

4800万円損害賠償請求訴訟と『11・23全国スラップ訴訟止めよう!シンポジウム』のお知らせ

祝島島民の会blog
http://blog.shimabito.net/?eid=1061849

* * *

4800万円損害賠償請求訴訟
原告:中国電力/被告:祝島島民2名、カヤッカー2名
日時:12月10日(火) 14:00~
一般の方の傍聴は可能ですが、傍聴希望者が多数の場合は抽選になりますので、お早めにお越しください。
目安としては30分前には来られた方が良いかと思います。
場所:山口地裁
訴訟概要:2009年12月15日、中国電力が埋立て工事で損害を被ったとして祝島島民2人とシーカヤッカー2人に約4800万円の損害賠償を求めて提訴。典型的なSLAPP訴訟(反対運動に対する企業等による弾圧目的の訴訟)であると識者からは指摘されている。証拠等のあまりの杜撰さは裁判所から指摘を受けるほどで、公判が進む中で請求金額も3900万円に減額。
※公判後、報告会があります。

[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-22 07:30 | ANTI TWEET BOOK

病院へ

昨夜の投稿を済ませた深夜、下腹部に痛みを感じる。何かは分からないがしばらくすれば治まるだろうと寝にかかる。痛みは治まるどころか激痛にシフトして行く。なんだこれは?いや、我慢していれば治まるだろう。自分は脂汗を流しながら痛みに耐えていた。しかし痛みは増幅するばかり。なんなんだこれは?やばい。これはまずい。いま手術や入院などできるわけがない。幸い下腹部の痛みだけで自分は立って歩くことができる。どうするか?病院に行くしかないのか?いいや、我慢していれば時機に鎮まる。苦悶しながら自問自答し夜明けが近づく。どの道これでは仕事は無理だ。出てくるのは呻き声と脂汗だけ。思考まで限界に達する。保険証を静かに探しこっそり家を出る。あ、金が・・・くそ。どうにでもなれ。近所のタクシー屋まで歩いて行き病院へ。運転手さんは自分の状態を察知しぶっ飛ばしてくれ、かなり手前でメーターを止めてくれた。

尿と血液と腹部のCT検査。

尿は見事にコーラ色だった。

こんな夜中であっても検査ができ検査の結果が出てくる日本。

20代にしか見えない若過ぎる女医さんが検査の結果を説明してくれる。

なんだよそれ!?!?

しばらく問答が続き我に返ると嘘みたいに激痛は治まっていた。

なんとかタクシー代は残ったのでタクシーに乗って帰宅。

こっそり忍び込んで寝ていたふりをする。

とにかくいま死んだり入院したりするわけにはいかない。


人生は軽いフットワークさ。


MC5
I Don't Mind (1965)


[PR]
by antiagainstanti | 2013-11-18 19:27 | DEAD DIARY