<   2015年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

【広がる安保廃案の声 国会前や全国200ヵ所で】 8/31 山口新聞 朝刊

近所のコンビニでは(2紙だけ残し)新聞は売り切れ。

(夕方には山口新聞も売り切れていた)

1面で『反対運動は、無料通信アプリLINE(ライン)でつながり、ツイッターで発信する若者たちがけん引役となっているのが特徴』と、大学生らのグループ「SEALDs」を紹介。

2面でも『若者の声、うねりに』『平和覆される危機感後押し』 『ラップ』の大小見出しでシールズ=大学生=若者の新しい動きを見逃さない山口新聞。

『労働組合や政党ののぼりも立ち、従来こうした運動を支えてきた参加者も多かったが、ひときわ目立ったのがシールズだ』

『斬新なスタイルが共感を呼び、参加者数は飛躍的に増え、活動は全国に広がる』


『子連れデモ』でママさんたちの動きを紹介した後、『問われる主権』として"デモとは何か"の著者、五野井郁夫氏(高千穂大准教授)のコメントが続く。

この日、約12万人が国会前で、安保法案こと戦争法案の廃案を、安倍政権に要求した。

d0113003_17311527.jpg


d0113003_17313726.jpg





d0113003_1734233.jpg

[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-31 19:28 | ANTI TWEET BOOK

お別れ

大都会・福岡の喧騒に早々と酔い立ち眩み。
「酔鯨」を背負いトボトボ歩く。

弟と妹に初めて会う。
これがまた美形の血筋なんだな。
リーゼントで決めた親父さんが若くて驚く。
酔鯨を酌み交わし生意気にも親父さんを抱きしめてしまう。
あいつが晩年に残した言葉の数々を遺族の誰にも伝えきれず。
お母さんは忙しくしており挨拶もできず。
いかつい男のすすり泣きが。
ただ黙って抱きしめるのみ。
写真の中のあいつは音も無く笑っている。

記憶はそこまで。
気づいたら俺は路上で寝ていた。
目と鼻はガビガビ。
なんてことだ・・・

再度気づいた時はホテルのベッド。

そこに晩年を最後まで見届けてきたといえる男からのメール。
そんなやつに限って色々気兼ねし中に入れないようだ。
独り淋しく外で酎ハイを飲んでいるという。
仕様が無いと起き上がりを試みるが歩行もままならない。
時計を見てびっくり。
俺はあっという間に撃沈していたのだった。

こんなありさまでもようやくケジメはついた。
あいつが死んだという事実を受け止めることで。
謎の言葉は残ったままだ。
これからも度々想い出すだろう。
でももうここには書かないことにする。
[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-24 23:21 | DEAD DIARY

カトゥンボの嗚咽


精神が砂漠。
(いわく血気盛んなれど汗と涙は涸れ果てた)

肉体が屈強。
(いわく体幹はまるでマングローブの巨根)

こちら側に帰還した彼と話すのは何年ぶりだろうか?

「ひとりで米日軍を制圧した」と明るい未来を吹かす若者が電話の向こうで笑っていた。

眩いばかりにタフである。

カトゥンボなのか?
カトゥンコなのか?
カトゥンポなのか?
それともポコトゥンコなのか?

苛酷な彼の地での命名と由来。

ブラジル経由のポルトガル語について話している時だった。

「ヒヒヒヒ・・・ヒ~~~・・・ホッ!ホッ!」

「おいおい。なにがそんなにおかしいんだ?」

俺には彼が笑っているように聴こえた。

「・・・ジュルル」

「おまえ・・・もしかして泣いてる???」

俺は笑った。

彼はそれに答えず。

(おそらく)笑いながら彼の地の戦闘について話し始めた。

「骨盤ではなく膝関節で持って行くんす」

「目が笑ってない常識人はこれ一発で終わりです」

俺は孫の手柄話しでも聞くように稲垣足穂をめくった。

なぜスコールは降るのか?

「この乾いた大地を煮込み尽くすためのキュート&クレイジー!」

彼は嗚咽していたのだ。

屈強な肉体と砂漠の精神で。

嗚咽が"あいつ"の遺伝子を受け継いだ決定的瞬間をだるいスピーカーの振動で捉える。

「それもしかしてマラカトゥじゃね???」



Maracatu Nação Estrela Brilhante - Clementina de Jesus no Morro da Conceição



[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-19 22:22 | DEAD DIARY

キジハタ (Keeper size)

d0113003_2113233.jpg


d0113003_2125264.jpg

[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-18 21:08 | FISHING ANTI NATURE

GOOD NEWS


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00000053-it_nlab-ent


Red Hot Chili Peppers - Christine (Siouxsie and the Banshees cover)


[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-17 22:40 | DEAD DIARY

........


d0113003_1095655.jpg

[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-12 10:10 | DEAD DIARY

ARE YOU FREE ?


生きてるうちは疎ましく/死んでしまえば愛おしい/両手に荷物が震えてる/丸ごと背負えばヘナヘナと/頭の先から沈んでく/冷たくしたおぼえはないけれど/愛することはできないよ/朝に卵焼き/昼にナポリタン/夜に空襲警報/心配しないで/もう朝は来ない/ARE YOU FREE ?


こんなトロットを今夜は聴きたい。

誰に歌ってもらおうか?


日に何度も救急車が行きかう。

父はエアコンを不快に感じ、母は電気代を心配する。

父は2度、母は1度、交互に入院し復帰したばかり。

自分が出ている時、少しは心配になる。

そんなつまらない感情を持つ人間になってしまった。

父に散髪代を、母に食費を、先ほど遊びに来た夏休みの甥には見栄をはり、すき焼きを奮発する。

そんなくだらないことができる人間になってしまった。


あいつのことを想って、今夜、初めて、寒い涙を流す。

どんなに抵抗しても、すぐに冬はやって来る。

想い出す。

北九州のライブハウスの前で、高校生だった、セーラー服、お人形さんみたいに可愛かった・・・・・・

ドス黒いマンゴー。

鬱陶しいほどジューシー。

死に様を見る暇もなく、あっさり灰になってしまったあいつ。

誰に自由を歌ってもらう?


Psychic TV - Roman P.


[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-10 22:38 | DEAD DIARY

LOVE ME ? LEAVE ME ?


屋根の上で焼かれ脳と肉とすべての欲望と理性が起動しない。

1日に水は2リットル。

梅干を1個。

アクセスが急上昇するのを見て言葉を振り絞りここに残すべきだと思うがその気力は生まれない。

水と塩。

それは涙。

涙は真夏の淀んだ汽水域。

どうして流れないのだろう?

命はここまで重かった。

だから流すことをせき止める。

くだらない常套句は要らない。

俺はそんな簡単に割り切れない。

なにが正解だったのかも解らない。

生きているうちになんとかしようとあがいていた。

たとえそれが悪あがきだとしても。

死にたいという言葉と裏腹に生きようとしていた痕跡。

まるで退路を断つように。

未だ答えは出ない。

ほんの1歩。

残された俺たちは青息吐息。

彼我の差を綱渡りする。

どこに余裕がある?

この世界のどこに・・・・・・

愛されたい離れたい人間以外。


Hanayo - Joe le Taxi


[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-08 21:31 | DEAD DIARY

........

Lou Reed - Perfect Day


[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-01 20:50 | DEAD DIARY

........

2NE1 - Lonely


[PR]
by antiagainstanti | 2015-08-01 01:02 | DEAD DIARY